NEW POST

ボディライン、見てますか?

つい最近、「顔も身体もほっとくとすぐに拗ねる」という話で盛り上がりました128.png

そもそも「洋服や下着の締め付けが苦手だ」というところからはじまったんだけど 「まったく制限を感じない下着だとどこまでも身体のラインがぼんやりする」→ 「毎日一応見ておかないと、あっという間に取っ散らかる」というところで「そうそう!」となるあたりやはり顔も身体もそうとう拗ねやすいとみた

実際そうなんだよね104.png


お尻と太腿の境目とか、胸と背中の境目とか「宇宙からみたら地球に国境はありません」を地で行く感じになってきやすい

そのかわり、手をかけると割と機嫌も直りやすいと思う


あやしてあげるポイントは「適度な緊張感を与える」ことと「友好的に取り組む」だったりする


緊張感は、やっぱりボディラインやフェイスラインを「見せる」という機会を設けることで得られると思う


「見られちゃうの嫌だ!困る!」という緊張感ではなくて「意識的に見せる機会」に対してピリっとした緊張感を持つことね 能動的であるってある程度大事

「友好的に取り組む」っていうのは あくまでも「こんなになっちゃった!」のは「拗ねた」ところに原因があるわけなので「ごめーん!もうちょっと頑張ってみない??」くらいには折れてみようってことです


「どうせ」とか「あーあ」とか絶対だめです 身体とか肌って言葉も思ってることも通じますから ほんと


「もうだめ、全然あちこちの境目わかんない」

ってなったら是非いらしてください


一度全身をマッサージして身体を整えると「あ、こういうことか」ってわかります113.png

本当は胸なのに背中の肉だって認定しちゃうと「贅肉」のレッテル貼っちゃったり、「お尻が下がってる」と思ってるところが「お尻はここまでで、あとは太腿周りのお肉。お尻はもっと小さい」だったりするものです101.png腰に肉が…が、お腹の贅肉だったりね パーツに分けると現状がわかってきます128.png


わたしお肉は悪だとまったく思ってないんだけど、それがどこのお肉かがはっきり認識できるとちょっと魅力的なラインになりますよ☺︎


by imani-0 | 2018-04-09 14:38 | 施術について

神楽坂界隈に生息するエステティシャンの備忘録


by imani-0